> EP:01 スター・チャイルド
> EP:02 セイレン・セレナーデ
> EP:03 ギャラクティカ・ジェネレーション

最終バージョン
 Ver 3.0b-(制作中止版)

 


 

この作品を、古き良きSFと親愛なる冥王星に捧げます。




 

文章量 :原稿用紙換算100枚
標準プレイ時間 :約1時間
ジャンル :選択肢なしビジュアルノベル

 

 

人工培養された人類「エレメンタル・ベイビー」が
人口の九割以上を占める人類第二の故郷火星。

かつて、この太陽系には冥王星と呼ばれる
氷の星があり、無数の戦士たちの魂を抱いて
いまも星の海を漂っている。

そんな戦士の帰りをひとり待ち続ける彼女は、
永遠に氷の下に眠る英雄の残された恋人であり、
200年生きる【冥王星の魔女】と呼ばれていた。

けれども今は、ぼくのかけがえのない恋人だった。

ぼくらの祖先は一度、冥王星を失くしている。

 

 

 


 

文章量 :原稿用紙換算110枚くらい
標準プレイ時間 :約1時間
ジャンル :ビジュアルノベル

※ EP:01終了後、選択可能になります。

 

 

スペース・マンの一員に迎え入れられたユラ。

仲間たちとともに宇宙を目指す。

あれから半年。

少年は星を目指す……

「こんな形で会いたくなかったわ……ユラ」

 

 

2:3/7:7/5:6
8:2/9:9/2:4/5:5


 

文章量 :約150枚
標準プレイ時間 :1時間半 (1ルート)
ジャンル :ビジュアルノベル完結編

※ EP:02終了後、選択可能になります。

 

最終局面を迎える第二次星間戦争。
少年たちは惑星に降り立つ。

母は大地《ホシ》か宇宙《ソラ》か…?

冥王星に響くセレナーデ。

「――まだ、やらなければいけないことがある。」



◆ おおまかに3つのルートに分岐しますが、
  ベストENDシナリオが未完成 の制作中止版です。
  それ以外の2ルートはプレイできます。
  それぞれ「NORMAL END」と「DEAD END」があります。

 

 





◆ 制作中止に至る経緯 ◆

readmeを読むと2008年にEP:01を公開していて、なんと5年前!('14年1月現在)と驚きを隠せないところではあります。
もともとこの作品は、準惑星に降格されてしまった冥王星を憂いて作り始めた作品でした。
小学生の頃から天体小僧で、意味もなく夜空を眺めているのが好きで、
特に冥王星にはひとかたならぬ…というほどでもありませんが、土天海冥の世代だったこともあり
「なんでこいつは海冥になったり冥海になったりするんだろう」と子供心に非常に気になる天体だったのです。
そもそも「冥王星」という名前からして中二病をくすぐ……あ、いやなんでもないです。

制作途中、『スター・チャイルド』というタイトルをまるごといただいた偉大なるアーサー・C・クラーク氏の訃報を受け、
あまりにもタイムリーな符号に愕然とした記憶があります。
とにかく、「古き良きSF」をイメージして書きました。
現代の科学、物理学等々からして、これはないだろうというのは承知の上で。

で、この作品なんかは特に甚大な被害を受けましたHDクラッシュ('09年6月)により、
クライマックスまで作ってあったEP:03のデータが消失しました。あと20枚ぐらいでした…;
わりと長編ですから、このまま死なすわけにはいかないと、
なんとか作りなおそう作りなおそうと思っておりましたが、もうさすがに(モチベーション的に)無理と判断。
恥を忍んで、制作中止版での公開となりました。
何卒ご容赦ください。





 

レビューいただいているサイト様
Taki's HP

1_185
2_107
Tr_91+43